スタッフ紹介


山本 貢司(やまもと こうじ)

  所長

  臨床心理士

  公認心理師(登録申請中)

 

◎ 略歴

2002 ・日本銀行を退職。
2003 ・横浜国立大学大学院/教育学研究科/教育人間科学部/学校教育専攻/臨床心理学コースに入学。
2004 ・心理系大学院予備校で基礎心理学、臨床心理学の講師を担当(〜2007年)。
2005 ・(独)神奈川県障害者職業センターにて,うつ病休職者の復職支援の立ち上げ事業と精神障碍者の就労支援に非常勤にて携わる(〜2007年)。
2006 ・横浜国立大学大学院を修了(教育学修士)。
・あさもとクリニック(脳神経外科,心療内科)にて心理カウンセリングを担当(非常勤)。
2007 ・臨床心理士取得。
・(独)神奈川県障害者職業センターを退職し,あさもとクリニックにて常勤として勤務。
・横浜ストレスケアクリニック(心療内科,精神科)の復職支援ショートケアにて非常勤として勤務。
2011 ・横浜ストレスケアクリニックが三木メンタルクリニックと合併し,三木メンタルクリニックに勤務。(あさもとクリニックを常勤として三木メンタルクリニックを非常勤として勤務)。
2013 ・田園調布カウンセリングオフィスを開設。

*医療機関や公的機関における業務内容(〜2014)

集団 障害者職業センターおよび医療機関において,うつ病などによる休職者の復職支援を9年半。1グループ約5名のグループワークを約2,800回,延べ人数14,000人の利用者と接した。
個人 医療機関において個人の心理カウンセリングを通算9年で約500ケース,延べ10,000回の個人心理カウンセリングを実施した。

 

◎資格・研修(一部)

2007年

・臨床心理士の資格を取得

 

2011年

・第10回認知療法学会研修会(Jeffru Young;人格障害へのスキーマ療法)

 

2012年

・第11回認知療法学会研修会(David Kingdon;統合失調症の認知行動療法)

 

2014年

・EMDRの資格を取得(Weekend1,Weekend2修了)

・EMDR学会主催の継続研修会(Dolores Mosquera;境界性人格障害とEMDR)

 

2015年

・国立精神神経センター主催の認知処理療法(CPT)

・国立精神神経センター主催の持続的暴露療法(PE)

・国立精神神経センター主催の弁証法的行動療法(DBT)

・EMDR学会主催の継続研修会(Andrew  M.Leeds Ph.D.;EMDR療法における情動恐怖、事例概念化と治療計画のためのスキル向上)

 

2016年

・Brainspotting(phase1)

・自我状態療(Season1&2)

・EMDR学会主催の継続研修会(Jim Knipe Ph.D.;AIP〈適応的情報処理〉理論によるComplex PTSDと解離の理解,EMDRの道具箱〈複雑性PTSD、解離への理論と治療〉)

 

2017年

・USPT(タッピングを用いた解離性障害の治療法)のワークショップ

・日本エリクソンクラブ主催のエリクソニアン催眠初級中級ワークショップ

・Wendy Lemekeによる日本催眠医学会研修会(初級、中級、上級)

・EMDR学会主催の継続研修会(Ana Gomez MC,LPC;複雑性トラウマを抱えた子供へのEMDR)

 

2018年

・自我状態療法 特別入門ワークショップ

・EMDR学会主催の継続研修会(Sundra Paulsen Phd;愛着期のためのEMDRにおいて物語はいかにして自らを語るのか)

・トラウマの治療に効くコンパッション・フォーカスト・セラピー

・複雑性トラウマとパーソナリティ障害に対するスキーマ療法実践ワークショップ

 

2019年

・ホログラフィートーク(ベーシック、心理的逆転、複雑性PTSD)

・公認心理師(登録申請中)

 


◎学会発表

2005 ・認知療法学会 ポスター発表 「統合失調症のセルフスティグマに関する臨床心理学的研究‐精神症状,主観的ウェルビーイング,各種属性との関連‐」山本貢司,石垣琢麿,下津咲絵

・日本心理学会 ポスター発表 「統合失調症の精神症状とスティグマ観」山本貢司,石垣琢麿,下津咲絵
2006 ・リハビリテーション学会 口頭発表 「短期的・就労技能焦点的SSTによる精神障害者の社会生活技能への効果」山本貢司 
2008 ・日本デイケア学会 シンポジウム 「うつ病休職者の復職支援プログラムと認知的手法を加えた復職SST−被受容感の低さと復職への不安に対するアプローチ−」山本貢司, 松村英哉, 横田安奈, 小関奈々子, 後藤健一, 三木和平

・心理臨床学会 自主シンポジウム 「精神科臨床における認知行動療法−若手臨床心理職による実践」シンポジスト
2009 ・第6回日本うつ病学会 一般演題ポスターセッション 「うつ病休職者の認知的反芻への介入と抑うつ・不安との関連−復職支援における問題アセスメントプログラム−」山本 貢司,松村英哉,横田安奈,小関奈々子,後藤健一,三木和平
2010 ・第7回日本うつ病学会 一般演題ポスターセッション 「うつ病休職者の治療期間と休職期間に関わる心理社会的要因の検討、および復職支援における認知行動的アプローチの考察」山本 貢司,松村英哉,横田安奈,小関奈々子,田口香代子,後藤健一,三木和平

・心理臨床学会 自主シンポジウム 「若手臨床心理士が語る認知行動療法の基本/うつ病の成人男性に用いた認知行動療法の基本的技法の実際」 シンポジスト

・心理臨床学会 口頭発表 「非機能的メタ認知とスキーマの悪循環」
2011 ・第8回日本うつ病学会 一般演題ポスターセッション 「復職への不安に対するストレスマネジメントの一方法としての曝露法の有効性」山本 貢司,松村英哉,横田安奈,後藤健一,三木和平

・心理臨床学会 口頭発表 「感情制御方略が身体症状とセルフスキーマに及ぼす影響」
2012 ・第9回日本うつ病学会 一般演題ポスターセッション 「アレキシサイミアが疑われるうつ病休職者に対して感情制御へのアプローチが奏功した事例」山本貢司,横田安奈,松村英哉,森山史子,三木和平

・日本心理学会76回大会 ワークショップ 「基礎研究をどのように臨床実践に活用するか」 指定討論者
2013 ・第10回日本うつ病学会 一般演題ポスターセッション 「うつ病休職者のストレス性の身体反応に身体感覚の曝露法と感情調整の修正が奏功した事例」山本貢司,横田安奈,松村英哉,森山史子,三木和平
2014 ・第11回日本うつ病学会 一般演題ポスターセッション 「解離症状が合併したうつ病休職者への生物心理社会の多面的な支援が有効で あった事例 」山本貢司,横田安奈,森山史子,三木和平

 

◎学術論文

2006 ・精神医学 48巻10号 「統合失調症患者とその家族におけるスティグマ認知─精神症状および主観的ウェルビーイングとの関連」山本貢司 ,佐々木淳,石垣琢麿,下津咲絵,猪股丈二 
2008 ・精神障害とリハビリテーション 第12巻第1号 「復職準備をするうつ病休職者の心理社会的状態とSST による変化:被受容感の改善を伴った適度な自己注目を促す学習的介入」山本貢司,久保真理,横田安奈,石田太,小関奈々子,松村英哉,後藤健一,三木和平

・デイケア実践研究12巻2号 「うつ病休職者の復職支援プログラムと認知的手法を加えた復職SST−被受容感の低さと復職への不安に対するアプローチ−」山本貢司, 松村英哉, 横田安奈, 小関奈々子, 後藤健一, 三木和平
2009 ・神奈川県精神医学会 「復職準備をするうつ病休職者の反芻・省察と不安・抑うつとの関連」山本貢司,松村英哉,横田安奈,小関奈々子,後藤健一,三木和平
2012 ・心理臨床学研究 30巻4号 「非機能的なメタ認知的方略とスキーマとの悪循環 : 認知行動的アプローチで評価的思考と認知注意症候群を扱った事例からの考察」山本貢司
2017 ・心理臨床学研究 34巻5号 「凍りつき反応がパニック発作に至る発生機序についての考察」山本貢司

 

◎出版関係

翻訳協力 ・「PTSD・強迫性障害・統合失調症・妄想への対応―ワークショップから学ぶ認知行動療法の最前線」 丹野義彦監訳 金子書房 2008
翻訳協力 ・「認知行動療法100のポイント」 マイケル・ニーナンら著 石垣琢麿・丹野義彦監訳 金剛出版 2010 
翻訳協力 ・「統合失調症を理解し支援するための認知行動療法(Challenge the CBT)」 デイビット・ファウラーら著 石垣琢麿・丹野義彦監訳 金剛出版 2011
翻訳協力 ・「APA心理学大辞典」繁桝算男ら監訳 培風館 2013
共同執筆 ・「集団認知行動療法実践マニュアル」 関東集団認知行動療法研究会 星和書店 2011

 

◎講演

2006 ・メンタルヘルス講習会 「働くもののメンタルヘルス」 講師
2007 ・神奈川県障害者職業センター 職員研修 「うつ病の認知行動療法」 講師
2008 ・地域職業リハビリテーション推進フォーラム 「職場復帰支援における 医療と企業の連携 ‐復職支援の問題点から‐」 シンポジスト
2009 ・神奈川県精神保健福祉センター うつ病休職者家族のためのセミナー 「復職支援の実際」 講師
2010 ・神奈川県精神保健福祉センター うつ病休職者家族のためのセミナー 「復職支援の実際」 講師

・地域職業リハビリテーション推進フォーラム 「医療機関における 復職支援の取り組みについて‐認知行動理論の視点から‐」 シンポジスト
2011 ・神奈川県精神保健福祉センター うつ病休職者家族のためのセミナー 「復職支援の実際」 講師

 

所属学会
日本心理臨床学会
日本認知療法学会
日本EMDR学会
日本うつ病学会
日本トラウマテックストレス学会
リワーク研究会
日本行動医学会
神奈川県精神医学会
日本催眠臨床学会
USPT研究会(2017年9月より同研究会の理事)
日本エリクソンクラブ
Ego-state Therapy Japan
ブレインスポッティグ・トレーニング・インスティチュート日本
所属団体
日本臨床心理士会
東京臨床心理士会

◎ひとこと

北海道帯広市の出身です。豚丼,イクラ,六花亭のバターサンドが大好物です。どうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに、よく間違えられますが、もう一人のスタッフとは、たまたま名字が同じだけです。

 

山本裕美子(やまもと ゆみこ)

  非常勤スタッフ

  臨床心理士

  公認心理師(登録申請中)

◎略歴

2004
・LVJグループ株式会社 ルイ・ヴィトン ジャパン カンパニー(ヒューマン・リソーシズ部)を退社。
2005 ・(医)富士見台病院(作業療法科)にて作業療法助手として勤務(非常勤)。
2006 ・横浜国立大学大学院/教育学研究科/学校教育臨床専攻/臨床心理学コースに入学。
2007 ・(医)富士見台病院を退職し,(独)神奈川県精神保健福祉センター(調査・社会復帰課)にて精神科救急医療情報窓口の電話相談に従事(非常勤)。
2008

・横浜国立大学大学院を修了(教育学修士)。
・(医)ハートクリニック(心理室)にて心理検査と心理カウンセリングに従事(非常勤)。

・(独)神奈川県精神保健福祉センター(相談課)に異動し,「こころの電話相談」を担当。
2009

・臨床心理士資格取得。
・(独)神奈川県精神保健福祉センターを退職し,神奈川県立精神医療センター 芹香病院(検査課・心理室)にても心理検査と心理カウンセリングに従事(非常勤)。また、気分障害圏の通所者を対象とするリワーク・プログラムの立ち上げと運営に携わる。

・(独)東京都障害者職業センターにて認知行動療法の実施(対通所者)と指導(対職員)に従事(非常勤)。
2010 ・(医)ハートクリニック,(独)東京都障害者職業センターを退職し,神奈川県立精神医療センター 芹香病院(2012年に地方独立行政法人化)に常勤として勤務。
2013

・(地独)神奈川県立病院機構 神奈川県立精神医療センターを退職し,(医)東京勤労者医療会 代々木病院,(医)樹診療所,

(同)洗足ストレスコーピング・サポートオフィス,東京都公立学校にて勤務を開始(いずれも非常勤)。主に,心理カウンセリングに従事。
2014 ・田園調布カウンセリングオフィスにて勤務開始。
2015 ・(同)洗足ストレスコーピング・サポートオフィスを退職。
2017 ・(医)樹診療所を退職,東京都公立学校における勤務を終了し,(学)女子栄養大学にて勤務開始。

→現在,田園調布カウンセリングオフィスの他に,医療機関や学校教育というように多領域にわたった幅広い心理臨床の活動をしている。

 

 

◎資格・研修

2009年

・臨床心理士の資格を取得

 

2015年

・EMDRの資格を取得(Weekend1修了)

・国立精神神経センター主催の認知処理療法(CPT)の研修

・国立精神神経センター主催の持続的暴露療法(PE)の研修

 

2016年

・EMDRの資格を取得(Weekend2修了)

・Brainspotting (phase1) トレーニング

・自我状態療(Season1 & 2)トレーニング

・EMDR学会主催の継続研修会(Jim Knipe Ph. D.; AIP〈適応的情報処理〉理論によるComplex PTSDと解離の理解,EMDRの道具箱〈複雑性PTSD, 解離への理論と治療〉)

 

2017年

・USPT研究会主催の(タッピングを用いた解離性障害の治療法)のワークショップ

・日本エリクソンクラブ主催のエリクソニアン催眠(初級・中級)のワークショップ

・日本催眠医学心理学会主催の特別ワークショップ(Wendy Lemke; 初級・中級・上級催眠)

・EMDR学会主催の継続研修会(Ana Gomez MC, LPC;複雑性トラウマを抱えた子供へのEMDR)

 

2018年

・自我状態療法 特別入門ワークショップ

・EMDR学会主催の継続研修会(Sundra Paulsen Phd;愛着期のためのEMDRにおいて物語はいかにして自らを語るのか)

・複雑性トラウマとパーソナリティ障害に対するスキーマ療法実践ワークショップ

 

2019年

・公認心理師(登録申請中)

 

 

◎学会発表

2012 ・不安障害学会 ポスター発表 「Covertな安全行動が改善を妨げていた高所恐怖症の一例」山本裕美子,中村元昭,石垣琢麿

 

◎学術論文

2010 ・精神医学52巻11号「統合失調症患者の病識と抑うつおよび心理社会的要因との関連」山本裕美子,石垣琢麿,猪股丈二

 

◎出版関係

翻訳協力 ・「認知行動療法100のポイント」マイケル・ニーナンら著 石垣琢麿・丹野義彦監訳 金剛出版 2010
翻訳協力 ・「統合失調症を理解し支援するための認知行動療法(Challenge the CBT)」デイビット・ファウラーら著 石垣琢麿・丹野義彦監訳 金剛出版 2011
翻訳協力 ・「APA心理学大辞典」繁桝算男ら監訳 培風館 2013
共同執筆 ・「認知行動療法を提供する―クライアントとともに歩む実践家のためのガイドブック」金剛出版 2015
翻訳協力 ・「スキーマ療法実践ガイド―スキーマモード・アプローチ入門」アーノウド・アーンツら著 伊藤絵美監訳 金剛出版 2015

 

 

2015 ・横浜リワーク支援フォーラム 「リワーク・プログラムの実践」 シンポジスト
2011

・さがみはら精神障害者就労支援協議会 「認知行動療法の基礎」 講師

・横浜リワーク支援フォーラム 「復職準備性がなかなか高まらない利用者に対する支援」 シンポジスト
2012 ・横浜リワーク支援フォーラム 「復職準備性が高まりづらい利用者に対する当院の工夫」 シンポジスト

 

所属学会
日本心理臨床学会
日本認知療法学会
日本EMDR学会
日本トラウマテック・ストレス学会
USPT研究会
日本エリクソンクラブ
日本臨床催眠学会日本催眠医学心理学会
Ego-state erapy Japan
ブレインスポッティグ・トレーニング・インスティチュート日本
所属団体
日本臨床心理士会
東京臨床心理士会

 

◎ひとこと

大阪出身です。きつねうどんが大好きです。インテリアショップ巡りも大好きです。心地よく丁寧に暮らしていきたいと思っています。よろしくお願いします。