パニック障害でお悩みの方

パニック障害」について、どのくらいご存知でしょうか? パニック障害というのは、激しい動悸や発汗、震え、息苦しさなどを引き起こす精神的な病気です。パニック障害は、血液検査や心電図検査をしても異常が見られないため、気のせいだと思われる方も非常に多いものです。しかし、そのまま放置してしまうと度々発作が現れることになり、その恐怖感にあおられながら日々を過ごさなければならなくなります。 パニック障害は、薬物療法や心理療法によって改善できる病気です。少しでも、パニック発作に近い症状がある方は、是非心理カウンセラーへ相談することをおすすめします。 パニック障害は、遺伝や家庭環境、ストレスなどが原因となって引き起こされてしまうといわれています。中でも、ストレスによるパニック障害は、現代人に最も多い原因として大変問題視されているのです。例えば、喪失体験をしてしまい、そのストレスを解消できなかったことからパニック障害を発症してしまう、最近ではこのようなケースが増えてきています。 皆さんの中にも、パニック障害に心当たりがあるという方はいらっしゃるのではないでしょうか。パニック障害は、きちんと治療を続ければ発作を抑えることができる疾患です。心当たりがあるという方は、是非カウンセリングを通して改善に努めてみませんか?

パニック障害に心当たりをお持ちの方は、お気軽に当オフィスへご相談下さい。パニック障害は、発症することによって、人ごみの中で不安や心配な気持ちを常に持つようになり、より多く発作を起こしてしまう危険性があります。最悪の場合、社会生活さえままならなくなってしまうケースも考えられますので、そうならないためにも早めの治療をおすすめします。 東京都付近にお住まいの方は、是非一度当オフィスへお越し下さい。その他、精神疾患をお持ちの方、悩みがある方のご相談も承っておりますので、お気軽にご利用下さい。