どのようなことをしているの?

心の問題への取り組み方


 @まず,認知行動療法の理論をもとに,お悩みのことについてスッキリとわかりやすい問題整理をします。

A次に心の問題や心身の症状の背景にある心理的メカニズムを簡潔にまとめます。

Bその心理的メカニズムをみながら,どこをどうするかと話し合った上で,ご相談される方の同意を得た上で、問題解決のための心理学的な工夫をします。

Cその工夫の効果を確かめてさらに良くなるための工夫を重ねていきます。

 

認知行動療法とは?


認知行動療法は,現代において最も科学的で世界標準の心理療法です。

常識的(コモンセンス)な視点と協同関係でお話を進めることを大切にします。

1970年代に,標準的なうつ病に対して薬物療法と同程度の効果を発揮できることが確かめられて,その研究が大きく実践されてきました。

今では,うつ病や不安障害,パニック障害,摂食障害,人格障害,統合失調症の幻覚妄想,PTSDなど幅広い心の問題の解決のために適用されています。

また,対人関係や環境的なストレスなどへの考え方や行動の仕方などを修正することで,個人以外にある問題の解決や,ストレスへの対処としても利用されています。

 

当オフィスでの心理療法・心理カウンセリングの進め方の特徴は?


 認知行動療法をベースとした心理療法・心理カウンセリングによって,幅広い心の悩みに対応させて頂いております。

その中でも,職場や対人関係,幼少期などのストレス体験によってもたらされる心身の問題に対して高い専門性を持っております。

image のコピー 5.jpeg

ストレス体験は,トラウマや心的外傷と言われることもあります。そのため,できる限り心の傷を今以上に痛くさせないように,むしろ心に温かさを感じられるように配慮しながら,お話をさせて頂いております。ご相談される方が安心して心を開ける場であることを常に心がけております。

また、来談される方の本当の心のあり方に配慮しなかったり、客観性のない話であったり、心理的テクニックのみを追求したようなカウンセリングとは一線を画しています。どうぞご安心下さい。

 

当オフィスの思い


ご相談される方々が,悩みを乗り越えた先に,それまでとは違う新たな体験を得られること。

例えば,自分に素直になること,安心感や安全感に包まれること,心が癒されること,

人生に喜びを感じられるようになることなど。

当オフィスは,心晴れやかに人生を送れるようになることを心より願ってやみません。

そして,ご相談される方が幸せになることで,それが周囲の多くの方々に広がっていき,一人でも多くの方の心に明かりを灯すことができれば嬉しいです。

当オフィスが,そういったお手伝いをさせて頂ければ幸いです。

→さらに詳しく